座敷わらしの養鶏計画

にわとりと暮らす日々を夢みる、アラサーの活動記録

みんな、小屋へ行く

 

ピヨとピヨ子が先に小屋へ行ったあとも、他の子たちはしばらくアパート暮らしを続けました。f:id:walashi:20190916202136j:plain

 部屋の隅に衣装ケースを置いて、中には新聞紙を敷き、上は(金網だとジャンプしたとき頭をぶつけるので)網戸の切れ端でカバー。開けるとすぐ、ケースの縁に飛び乗ってきます。夏ですが、生まれて3週目くらいまではいちおうヒヨコ電球で保温しました。

 

 8羽いるので、けっこうにぎやか。

朝、ごろんと切ったカボチャも皮だけ残してみんな食べてしまいます。

トウモロコシ、小松菜、ピーマンも好き。人参は、なぜか不人気…。

 

衣装ケースの中だけでは運動不足になるかもと思い、休日はベランダに出したり、私が帰省したときは実家の庭で遊ばせたりしました。

f:id:walashi:20190916200937j:plain f:id:walashi:20190916200817j:plain

ベランダの植木鉢をひっくり返したり、実家でもプランターの隙間に潜り込んだり元気いっぱいです。。泣

 

f:id:walashi:20190916202427j:plain

ベランダで遊び疲れて?窓際に戻ってきたみなさん。

 

 

 f:id:walashi:20190916201103j:plain

泥で汚れて悪人顔になったしゃちほこ。

 

さて、この子達も生まれて3週間経った頃、小屋へ連れて行くことにしました。

 

私が小屋に行くのは10日ぶり。

ピヨとピヨ子、ちょっと大きくなってるかな…と思ったら。

 

 

めっちゃ大きくなってました。

f:id:walashi:20190916195553j:plain 

 f:id:walashi:20190916195704j:plain

足もムキムキ。

まだ鳴き声はピヨピヨ言ってますが、見た目はもうヒヨコじゃないですね。

 

 

最初、ピヨピヨ子と他の子たちはお互い「誰??」って感じで距離をはかっていましたが、だんだん慣れて一緒に小屋生活しても大丈夫そうでした。

f:id:walashi:20190916195859j:plain 

f:id:walashi:20190916195957j:plain

何羽いるでしょう…。

 

 

答え:10羽みんないます。

みそトリオが米ぬかと同じ薄茶色でわかりにくいです。

 

仲良くしてね〜。

鶏小屋制作と人工孵化…かかった費用は。。

無事、鶏小屋も完成したということで。

これまでかかった費用をざっくり出してみました。

 

結論から言うと、約28万円です。

 

実は、自分の中で心積もりしていたプロジェクト予算は、50万円でした。

「たかだか鶏小屋に、そんなにかからへんわ!」と彼氏に笑われました。

たしかに実際そんなに要らなかったし、28万円というのも多いと思います。

 

でも、20年越しの夢だったし、物欲が薄くて無趣味の私は「ここぞとばかりに貯金使ったるんじゃ〜!」という気持ちで資材もばんばん買えたのでストレス解消?になりました。笑

 

ちなみに、28万円のうち、約半分は人件費です。

自分でもうすうす気づいていましたが、T君の日当と、みんなで食べたご飯代がけっこうかかってました。

でもT君に来てもらわなかったらもっと時間がかかったり、失敗して余計なものを買っていたかもしれません。

みんなで食べるご飯も楽しみのひとつになってたので問題なし!

 

 

 

内訳はこちら。

↓ ↓ ↓

 

①孵卵器関係:28,186円

一号:4,499円

二号:22,889円

温湿度計:798円

 

②有精卵(送料込):10,570円

農園A(アロウカナ6個):3,664円

農園B(名古屋コーチン系16個):3,200円

農園C(プリマスロック系7個、名古屋コーチン系6個、地鶏他7個):3,706円

 

③農作業グッズ:2,700円

長靴:2,000円

ほっかむり:700円

 

④鶏小屋関連:100,969円

ユンボ  (2日間貸出): 2万円

ブロック、砂利、砂、セメント、針金、アンカーボルト、コテ、金網(下敷き用):計約1万円     

ドリル :648円

スペーサー :709円

ビス:1,246円

レーザー墨出し器: 5,980円

トタン傘釘:398円

ポリカ波板:9,120円

カッターナイフ:398円

発泡ウレタン2個: 1,396円

赤松野縁:348円

OSB4枚:4,720円

カット代:60円

杉KD間柱2個 :1,196円

石膏ボードビス:298円

ワトコオイル:2,480円

発酵床用BOX :1,580円

秋田杉合板12.3.6:1,150円

ツーバイフォー材:848円

杉パネリング15入 :2,980円

刷毛3本:684円

エス:298円

塗料カップ :178円

水飲みタンク:708円

保温電球:4,080円

ラッカースプレー:658円

日よけシェード:1,980円

傘釘:368円

胴縁追加:138円

金網3m 細 :7,440円

水飲みタンク2個:1,416円

段付剛彩ビット:448円

高硬度ビット:508円

ワトコオイルマホガニー: 3,002円

木用ビス:358円

胴縁2本追加:336円

刷毛:198円

塗料カップ:78円

胴縁3本追加:804円

金網ハサミ:968円

亀甲金網普通10m:8,180円

平織金網2,5m:1,920円

砂浴び用砂:558円

育雛箱フタ用金網:108円

 

 

⑤人件費(食事代含む)138,480円

T君日当:7万円

回転寿司:6,000円

焼き肉:20,000円

台湾ラーメン:3,000円

サーティワン:880円

お好み焼き:5,000円

とんかつ:3,600円

しゃぶしゃぶ:12,000円

海鮮ランチ:7,000円

和風居酒屋:11,000円

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①+②+③+④+⑤=280,905円

 

 

ピヨ、小屋へ行く

完成した鶏小屋にピヨとピヨ子を連れていきました。

 

…が、なぜか小屋の中でスズメが何羽も飛び交っています。

カギをかけていたし、金網も隙間なく張ってるのに、どこから入ったんや??

 f:id:walashi:20190818191749j:plain

小屋の中の柱はスズメの糞がいっぱい。

ピヨ達もまだ入れてないのに!怒

 

 

スズメを全部逃してから、やっとピヨ・ピヨ子を中へ。

アパートより広いし、ミズアブの幼虫も食べ放題です。

夢中でそこらへんを突いてました。

 f:id:walashi:20190818192148j:plain

その間に、スズメが侵入した可能性がある、ドア下の隙間を彼氏が塞いでくれて、解決。

f:id:walashi:20190818191943j:plain 

日が暮れてから様子を見に来たら、木の土台部分でくっついて寝てました。

そのうち、ちゃんとした寝床もつくるからね〜。

続々とひよこ誕生

みそトリオに続き、あとから温めた5個の卵も孵りました!

これで有精卵はすべて孵化したことになるので、孵化率100%。

フランキー2号機、すごいです。

 

生まれたての黒い子。なかなかインパクトがありますね…。f:id:walashi:20190818175505j:plain

 

もう名づけはいつもどおりシンプルに。

プリマスロック系の、黒い「プリ」、「プリ子」。

同じプリマスロック系の卵から生まれたけど、なぜかまだら模様の、「まだら」。

純国産赤鶏の「レモン」、「レモ子」。

レモン達は、レモンイエローだから。

みそトリオは赤茶色っぽいし、ひよこにもいろんな色がありますね。f:id:walashi:20190818175241j:plain 

もちろん、雄雌はわかりません。

でも彼氏と勝手に、「お尻が尖ってるのがオスで、ずんぐり丸いのがメスでは?」と仮説をたてて、お尻が丸い方に「子」をつけました。笑

 f:id:walashi:20190818175350j:plain

 

これで急に大家族になりました。

ピヨ、ピヨ子と合わせて10羽に。。

朝、みじん切りにする野菜の量が増えました。。

 

ピヨやピヨ子は、部屋の中を走り回る経験をさせてしまったせいか、箱の中に入れたままにしていると甘えた声で「ピヨ〜、ピヨ〜(出してくれー)」と鳴き、垂直ジャンプもします。外の広い世界を知ると、もっと行動範囲を広げたくなるみたいで。

 

なので、あとから生まれたひよこ達は、極力部屋には出さずにおこうかな、と思っています。大きくなって、小屋へ行くまでは。

 

よし、まずピヨ達を小屋へうつそう。

次回は「ピヨ、小屋へ行く。」です笑

ピヨとピヨ子

ひよこ釣りで連れてきた、ピヨ子。

とてもおっとりした女の子ですが、自分の行きたい方向にピヨが居ても踏みつけていく、無神経マイペースな一面も。

 f:id:walashi:20190818182447j:plain

 

ピヨ子は人にも慣れていて、生まれた時から構っているピヨよりも懐っこいかもしれません。。

部屋で自由にさせていると、必ず寄ってきて、そばで寝るか、腕とか肩に乗ってきます。目の感じも丸っこくておだやか。

 

ピヨの姿が見えないと寂しがり、ピヨが歩くと後を追います。

f:id:walashi:20190818183304j:plain2羽でくっついて昼寝したり。あ〜かわいい。笑

f:id:walashi:20190818182601j:plain

 

 

 

でもピヨ子が来て5日くらい経ったころ、胸のあたりの毛がむしられたのか、赤くなっていたのでびっくりしました。f:id:walashi:20190818182736j:plain自分でやったのか、ピヨがやったのかはわかりませんが、様子をみていると赤いところをやっぱりピヨが突くので、とりあえず箱を仕切って別々にしました。箱自体を分けると、ピヨ子が寂しがるので。。

f:id:walashi:20190818182935j:plain

 

赤いところをよく見ると、新しい羽が生えてきているように見えました。

羽の生え変わりか、ピヨの攻撃か、ダニとかか、病気か、いろいろ心配しましたが、とりあえず赤みはひいたので、それから数日、ピヨとは付かず離れずの距離感にしておきました。

 

昔飼っていたニワトリも、雄はある程度成長すると雌を突いたり、ちょっと攻撃的になっていたのを思い出しました。

 

ピヨはやっぱり雄なのかなあ。

ピヨ子に優しくしてやっておくれ。

みそトリオ誕生

フランキー2号機で最初に温めた、名古屋コーチン系の卵が無事孵りました!

 

19〜20日目にヒビが入りました。

↓奥の3個にヒビが入ってるのがわかります。f:id:walashi:20190818171822j:plain

21日目には、3羽とも殻から出てきました。生まれたては、やっぱり濡れていて動きも頼りないですね。 f:id:walashi:20190818171905j:plain

でも、(黒いピヨには悪いですが)黄色いひよこって、やっぱり可愛い!笑

ひよこらしいひよこというか。f:id:walashi:20190818172018j:plain

半日経って、毛が乾いてきたら、もっとかわいくなりました。

もう銘菓のひよこにそっくり。

 f:id:walashi:20190818172141j:plain

彼氏に、「名前なんにする?」と聞いてみたら、

名古屋コーチンの血をひいてるんやったら、名古屋っぽいのにしよう。」と。

 

名古屋といえば…味噌カツ…?シャチホコ

 

というわけで安直に「みそ」「みそ子」「しゃちほこ」に決まりました。

 

彼氏はラップ音楽が好きで、「ピヨ達と韻を踏んでるんや」と言います。

PIYO、MISO。なるほど。

しゃちほこは・・・??

まあいいか。

 

まとめて、みそトリオ。

食べてしまいたいくらい可愛いです。

 

 f:id:walashi:20190818172234j:plain

彼氏が親鳥のマネをして抱っこ。

 

あとの卵達も、無事孵りますように!

フランキー2号機

「孵らなかったたまご達」での結果をふまえ、新たに孵卵器を買うことにしました。

walashi.hatenablog.com

 

やはり、孵卵器の精度は大事だと実感したのと、転卵が手動なのは正直キツいなと。

というわけで、「自動転卵機能付き」で、比較的手頃なお値段で、アフターサービスOKなところを探して、これにしました。

 f:id:walashi:20190818164717j:plain

(有)ミルテさんの、ぴよたま16。

大きめの炊飯器くらいのサイズです。

温度設定を予めしてくれていたので、組み立てて電源を入れるだけ。

自動転卵機能ってどういう仕組みかなあと思っていたのですが、なるほど。

f:id:walashi:20190818164813j:plain

モーターについた棒が約90分ごとに回転してトレーがスライドするので、中の卵も回転すると。優しくごろ、ごろ、と動くので安心です。

 

また食用の有精卵をネットで注文して、この孵卵器で再チャレンジ。

まず名古屋コーチン系を6個セットし、その5日後にプリマスロック3個、にいがた地鶏を3個、赤鶏を2個追加。合計14個セットしました。

 

・・・・。

 

自動転卵機能、めっっちゃラク!!!

もう昼休みに一時帰宅しなくても、残業や出張の日ソワソワしなくてもいいなんて。。

湿度だけ注意して、水を足せばOK。

ありがたや、フランキー2号機。f:id:walashi:20190818165006j:plain

 ↑

このように水を注入。

 

 

その数日後、検卵すると、にいがた地鶏3個、名古屋コーチン系3個が無精卵でした。

残るは8個。それらは血管が見えているので、有精卵と思われます。

今度は無事に孵ってほしいなあ。